モースカファームで エストニアのスモークサウナ体験

一般的な情報

パッケージタイプ: 半日プログラム
シーズン:通年
対象: 個人/グループ

-サウナセッション最大10名
-ツアー 最大20名

リクエストできる追加オプション:
ファーム近辺のツーリストファームでの宿泊+食事

プログラムの所要時間:
1.5時間のツアー+3時間のサウナセッション

移動の種類:
個人手配/貸切バス

含まれるサービス:
ツアー+ガイド付きサウナセッシ ョン+スモークサウナ燻製ハムの試食 

INTRODUCTION

エストニア南部で行われているヴォル地方(Võro-maa)のスモークサウナの伝統は、UNESCO無形文化遺産に登録されています。モースカファーム(Mooska)では、このエストニアの伝統を経験することができます。

モースカファームは、南エストニアの典型的なライフスタイルのファームです。ヴァッラマエ(Välla-mäe)の麓にあるロケーションは、美しい自然の中にあり、伝統そして自然と共存するファームの暮らしと調和的に結びついています。

Veerojaファミリーは、彼らのライフスタイルの価値観を共有し、この地域の伝統をゲストに紹介しています。中でも、郷土料理や伝統的なスモークサウナは彼らの誇りです。このワークショップは、本物の伝統、技法、趣を維持しているとしてEHE( 本物で興味深いエストニア)のエコツーリズム品質ラベルを取得しています。

スモークサウナとは、石を敷き詰めたストーブで暖める建物や部屋のことで、座ったり横になったりできるように室内は小上がりになっています。煙突は無く、薪を燃やした煙が部屋の中を循環します。皆で一緒にサウナに入り、汗をかくまでじっくり身体を温めます。熱した石の上に水をかけて、水蒸気を発生させ、白樺の葉付きの枝を束ねたウィスクで身体を叩いて、肌の古い角質を除去し血液の循環を促進します。汗をかき、ウィスクで身体を叩き、リラ ックスした後は、外で身体を冷まし水で洗い流します。そしてまたこの工程を繰り返します。

Programme itinerary

  • Programme

    Programme

     到着、ホストと合流  

    ツアー 当ツアーはヴァナ-ヴォル(Vana-Võromaa)地方のスモークサウナの伝統を紹介します。ホストがモースカファームの三つのスモークサウナを案内します。二つは入浴用、もう一つは肉の燻製用です。ゲストは、スモークサウナの構造やサウナの温め方と入り方、スモークサウナでの伝統について話を聞きます。ツアーの最後には、燻製肉が振る舞われます。

    ホストファミリーとのサウナセッション ホストがゲストにサウナの入り方を教えます。薪の燃える豊かな香りに、サウナで燻製された肉、白樺の枝、サウナハニーがほのかに香ります。サウナの側には池があり、冬で池が凍っていなければ泳いでクールダウンすることができます。サウナセッションでは、エストニアのスモークサウナの伝統と信仰やその過程について話を聞くことができます。